不用品回収のありがたさ

バナー

不用品回収のありがたさ

最近引越しをして、不用品回収のありがたさを感じました。
今までに2回引越しを経験しました。
前回の引っ越しは大学進学に伴い実家から一人暮らしをするためのものでした。

そのときには、ほとんどの生活用品を新たな家でそろえたため、必要な書籍や服を持ってくるだけで、捨てるものはありませんでした。今回は就職に伴い引越しました。

もちろん、大学生時代住んでいた家には自分の生活で必要な生活用品はすべてそろっていました。

そのため、引越するにあたっていらなくなるものも多く出てきました。

とくに私は大学での勉強のため大きな机が欲しいと思い、机がついているロフトベッドを使用していましたが、社会人になるにあたっては、不必要になってしまいました。
とても大きなもので、玄関か出し入れすること不可能で、附属の説明書も紛失してしまっていたので、自分では解体することもできません。


そこで不用品回収に頼ろうと思いました。様々な不用品回収会社があり、どの不用品回収会社を選べばよいかとても迷いました。

さらに、自治体でも不用品回収をしてくれていました。


また、不用品回収ということだけではなく、リサイクルショップにもっていくという方法も考えられました。結局一番早く対応してくれそうだった近くのリサイクルショップに不用品回収ということで頼みました。

部屋も引越のためにとても散らかっていたにも関わらず、あっという間に解体して回収していってくださりました。
おかげで部屋がとってもすっきりして、片づけもはかどるようになりました。
また古くなっていた電子レンジや、引越し先では備え付けになっていたガスコンロも必要がなくなったため、安価で引き取ってくれる自治体に頼みました。
シールを購入し、それを貼って家の前に出しておくだけということで、とても簡単でした。
普段の生活では不用品回収ということに触れる機会はほとんどありませんでしたが、このように、引っ越しの際には、とてもありがたかったです。

さらに、自分ではできないことも不用品回収会社の方はやってくださるので助かりました。

http://www.tohoku.ac.jp/japanese/studentinfo/aftergrad/01/aftergrad0104/
http://job.goo.ne.jp/arbeit
http://www5.cao.go.jp/kanshi/